【お悔やみ】江戸川区立五北さくら公園での事故を受けて

2017年2月3日に、江戸川区立五北さくら公園で4歳の女の子が死亡する事故が報道されました。女の子のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
 
私たち江戸川子どもおんぶずとしても、子どもの遊ぶ権利が、安全な環境と安心できる地域社会のもとで保障されるよう、さらに力を入れて考えていきたいと思います。
 
2017年2月6日
江戸川子どもおんぶず

|

【意見提出】新子若ビジョンも主体は子ども・若者に

子ども若者育成支援推進法(2010年4月施行、以下子若法)に基づき設置された子ども・若者ビジョン(2010年7月、以下前大綱)の見直しにあたって発表された「子供・若者育成支援推進大綱(案)」(以下本大綱案)に対し、私たち「江戸川子どもおんぶず」からの意見を以下のとおりまとめました。

子若法が求める日本国憲法と国連子どもの権利条約の理念にのっとって、本大綱案が、子ども・若者の主体的な育ちと最善の利益の保障につながるための具体的な措置を実行させるものとなることを願います。

_20160104__1_2

_20160104__2

続きを読む "【意見提出】新子若ビジョンも主体は子ども・若者に"

|

【意見提出】少年法の成人年齢の引き下げに反対します

法務省刑事局刑事法制管理官室に設置された「若年者に対する刑事法制の在り方に関する勉強会」が募集した少年法の成人年齢の引き下げに関する意見募集に対し、下記のとおり、当会からの意見を提出しました。
◆若年者に対する刑事法制の在り方全般に関する意見募集
   
======================
若年者に対する刑事法制の在り方に関する意見
======================
江戸川子どもおんぶずは、少年法の成人年齢の引き下げに反対します。
2015年6月、公職選挙法改正され、選挙権年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げられました。
この動きをきっかけに、これまでも繰り返されてきた民法第4条の成人年齢の引き下げについても議論が再びなされるようになりました。しかし、社会的合意を得るには遠い状態が現在も続いており、今後の見通しはついていません。
同時に、民法731条の婚姻可能年齢に関する男女差別もいまだ解消されておらず、成人の規定があまい状態にあることが国連子どもの権利委員会の政府審査勧告によっても再三示されています。
一方で、少年法と関連の深い児童福祉法においては、現在、改正に向けて厚生労働省が設置した専門委員会の場においても対象年齢の議論がなされていますが、現行の18歳未満から20歳未満に引き上げるべきだとの意見が大勢を占めており、児童福祉はより広域に行うべきとの見解が示されています。
このような段階において、少年法の成人年齢の引き下げを行うことに、私たち江戸川子どもおんぶずは反対の立場を表明します。
他の法律の整備を待たずして、少年法が先行して狭小化を行う必要はありません。
少年法は、その目的にあるように、少年の健全な育成を期すものです。18歳19歳の年齢にある未来ある若い人たちが、人権及び法的保護が十分に尊重される中で、その福祉に適合されながら、適切な措置がなされることを願います。
なお、若年成人に対する処分の在り様については少年法の対象年齢とはまったく異質な文脈にあるもので、本意見募集とは分けて議論すべきだと考えます。このようなやり方に反対します。よって当会からはコメントはいたしません。
2015年12月30日
江戸川子どもおんぶず
 

|

【周年企画】絵本の中の素敵なおとなたち・001

Ehon001_1057x1500

ハッチンス 著 『おたんじょうびおめでとう!』
素敵な人 = おじいさん
ポイント = 子どもの瑞々しい「やってみたい!」という成長欲求に、どう応えるか…。
目からうろこの答えをもっていたのはサムくんのおじいさん。
江戸川子どもおんぶずの活動ポリシーに大きな影響を与えた一冊です。
 
 
以降、本サイトには1か月に1度のペースで更新予定です。
タイムリーな配信については、twitter(@ekombuds)をご覧ください。

|

【新企画】絵本の中の素敵なおとなたち

Banner

主旨

2015年12月15日、私たち江戸川子どもおんぶずは14周年を迎えました。国連子どもの権利条約の連続学習会の参加メンバーを中心に設立し、子どもの声を聴く事業をスタートさせ、子どもたちを取り巻く地域の課題を認識したうえで、子どもの権利条約の研究普及活動、アドボカシー事業などをさまざまな形で展開してきました。

私たちはこの14年間、子どもたちが置かれる厳しい現実を突き付けられながら、一方で「おとな」の存在の重要性を痛感してきました。それは同時に、「子どもの権利を守るということは、くらしの中では具体的にどういうことなのか」「子どもに寄り添うおとなはどうあるべきなのか」「子どもにとってかけがえのない存在となり得るにはどうしたらいいか」を模索することでもありました。

この節目のときに私たちは、その答えを子どものための本の中にさがそうと思います。子どもたちに向けて書かれた絵本や物語の中から、「素敵なおとな」が登場するものを選書し、子どものそばにいるみなさんと共有したいと考えました。

「絵本の中の素敵なおとなたち」と題し、私たちが設立15周年を迎える2016年12月15日まで、週に1冊のペースで配信します。1年をかけて約50冊を紹介します。

本事業をとおして、子どもの権利が守られ、活かされる社会へとつながっていくことを願います。

※子どものための書籍の普及は、子どもの権利を保障するうえで奨励されている活動でもあります(国連子どもの権利条約第17条c)。

2015年12月15日

江戸川子どもおんぶず代表  大河内秀人

 

 

『絵本の中の素敵なおとなたち』
great children's books with wonderful grown-ups

配信  2015年12月15日~2016年12月15日

頻度  1週間に1冊(計50冊予定)

内容  絵本、児童書、ヤングアダルト書、マンガ。
     いずれも18歳までの子どもに向けられたもの。

媒体  主要媒体はtwitter → 江戸川子どもおんぶずアカウント @ekombuds

|

【声明】安全保障関連法強行採決に抗議します

安全保障関連法制の強行採決に対する抗議声明
私たち江戸川子どもおんぶずは、本日、安全保障関連法制の強行採決に対して強く抗議します。
憲法に違反し、立憲主義を逸脱し、国民主権を冒涜し、次の社会の担い手である子どもの参加の場を作らず、
強行的に採決されたことは暴挙であり、認められるものではありません。
江戸川子どもおんぶずは、安全保障関連法制の運用停止および廃止のために、これからも活動します。
2015年9月19日

Ekombudsicon_2

|

【声明文】安全保障関連法案に強く反対し、廃案を求めます

声明文

江戸川子どもおんぶずは安全保障関連法案に強く反対し、廃案を求めます

Anpo_statement01_20150903

Anpo_statement02_20150903

(全文は続きを参照)

続きを読む "【声明文】安全保障関連法案に強く反対し、廃案を求めます"

|

【2/2】「江戸川区子ども・子育て支援事業計画(案)」に関する提言提出

20150202_1047aoki1

「江戸川区子ども・子育て支援事業計画(案)」について、江戸川子どもおんぶずとしての提言を以下のようにまとめ、江戸川区子ども家庭部に提出しました。

続きを読む "【2/2】「江戸川区子ども・子育て支援事業計画(案)」に関する提言提出"

|

【1/10】東京都「子供の声等に関する規制の見直し」について意見提出

Publiccomment_20150113_ekombuds1_3

「子供の声等に関する規制の見直し」について、江戸川子どもおんぶずとしての提言を下記のようにまとめ、東京都環境局に提出しました。


続きを読む "【1/10】東京都「子供の声等に関する規制の見直し」について意見提出"

|

【9/23】被災者生活支援等施策の推進に関する基本的な方針(案) 提言

Comment01

原発事故子ども・被災者支援法」(2012年)にもとづいて、このたび発表された「被災者生活支援等施策の推進に関する基本的な方針 (案)」に関して、江戸川子どもおんぶずとしての提言を下記のようにまとめ、復興庁に提出しました。

続きを読む "【9/23】被災者生活支援等施策の推進に関する基本的な方針(案) 提言"

|