« 【本日の日誌】チャイルドライン | トップページ | 【本日の日誌】チャイルドライン »

【本日の日誌】チャイルドライン

Dscf6953b

◆ 第6期受け手養成研修 #8 ◆

どんな言葉が届いているか。ロールプレイ。

 

 

毎度!毎度!お世話になっています。

研修を締める8回目の講師は、例年通り、山本多賀子さん。

 

 こどもの話しをどう聴くか、に加えて、

わたしたちの言葉が、どう届けられているか、考えます。

 

Dscf6962b

こちらもおなじみワーク。

自分の危機を振り返るワーク。人生の3つの出来事。

 

こどもの危機に向き合う前に、

自分に起きた危機を振り返り、そのときどういう気持ちだったか、

それをどう乗り越えてきたか、探ります。

 

 このワークは、受け手としてのヒントをいっぱいくれます。

 

 

 その後、「こども役」「受け手役」「オブザーバー役」に分かれ、

ロールプレイも実施。

 

PA交流分析についても、さわり程度ですが学び、

山本さんの回は終わりました。

 

Dscf6982b

研修参加者には、出席スタンプシートを渡しています。

Dscf6984b

どの回に、どんな風に参加したか、自分でわかるために。

 

 スタンプもかわいいものをそろえています。

 少しでもたのしくなるように!

 

 

|

« 【本日の日誌】チャイルドライン | トップページ | 【本日の日誌】チャイルドライン »