« 【6月の予定】今月もよろしく! | トップページ | 【本日の日誌】チャイルドライン総会 »

【本日の日誌】事務局長のチャレンジ → 結果

2008_0603003b

落ちました・・・。

 

 

5月11日 のブログでも軽く報告しましたが、
内閣府の海外青年派遣のプログラムにTRYしていました。
たったの3週間だし、お金も払うんだけど、
こういう事業に参加してみたくなったのです。

書類と論文審査で、東京都の推薦枠には残り、
丸一日がかりの2次試験を受けていました。
※筆記試験と面接(日本語個人、日本語グループ、英語個人)

 

今年30歳になる私には最初で最後のチャンス。

半数以上の、若~くてカワイー(セクハラ?)大学生(18才も!)にまみれ、
おばさんだけど、そういう人も必要でしょ!入れてちょーだい!と
押してきましたが、惨敗。 

でも
全国から集まってきた若者たちは、みんな、とてもすてきでした。
しっかりしてたな~。キラキラしてたな~。

(そうそう、同じグループに高校の後輩が。。。10個年下だった。。。)

   

 

面接官に聞かれた質問で印象深いのが、

「派遣団のほとんどが大学生などの若者ですが、
1ヶ月、寝食をともにできますか?」

グサッ!

私はもう若者ではない・・・。仲間に入れないかもしれない・・・。
そして、何よりも不安な「集団」生活への指摘・・・。

 

でも、言ってやった。

「派遣団での私の課題は、現地の人との交流だけでなく、
同行する日本の若者との関わりもいえると思います。
若い彼らに何を伝えられるか、彼らの参画をどう促せるか。期待してください」

けど、結局、落ちちゃった・・・。

 

あ~ぁ。

個人の助成や派遣なんて、なかなかないんだけどな~。

ちくしょー!!

 

誰か、なにかあったら、教えてね・・・。

 

 

 

● 追伸 ●

日本語グループ面接で同じ班になった、みなさん!
これを見たら、連絡くださいね!
結果も、教えてね~。これからも連絡取りましょ♪

 

 

 
 

|

« 【6月の予定】今月もよろしく! | トップページ | 【本日の日誌】チャイルドライン総会 »