« 【本日の日誌】定例?乙女の会 | トップページ | 【本日の日誌】えどがわチャイルドライン、受け手会 »

【本日の日誌】夏休みのオススメ

2008_0728book007b

この間の極secret納涼会で美輪さんに教えてもらった一冊。
本『赤ちゃんの値段』(現在絶版。中古のみ)
日本の子どもたちが海外に輸出されていく現状ルポルタージュ。
夢中で読みました。

それから、阪本順治監督作品の映画(8月公開)、『闇の子供たち』。
知っている人も多いかな。原作はだいぶ前に出されました。

 ふたつの国の子どもたち。両方ともに値段がついて、売り買いされている。
そして売られていった、その先について、誰も知らない。

夏休み、ぜひ。(ぽにょや20世紀もいいケドネ!)

|

« 【本日の日誌】定例?乙女の会 | トップページ | 【本日の日誌】えどがわチャイルドライン、受け手会 »