« 【本日の日誌】ようやく発送 報告2種(2009年5月16日) | トップページ | 【更新記録】3月4月分 »

【本日の日誌】子どもの権利条約とともに育つ子どもたち(2009年5月17日)

0905172b

子どもの権利条約ネットワーク(NCRC)主催

「子どもの権利条約 子どもの20年」に参加してきました

(2009年5月17日)

 

 

子ども通信社Voiceで子ども記者をしていた島森さん。

子どもの商業的性的搾取に反対する世界会議の子ども代表を務めた武田さん。

川崎の権利条例の「子ども委員会」だった圓谷さん。

生徒会連盟で活躍後、NPO法人Rightsを設立した高橋さん。

10代で企画・運営・参加する「ティーンズフリマ」を運営した苗村さん。

 

 

 前半は上記の5人のパネルトーク。

後半は参加者全員が分かれてグループディスカッション。

 

「子どもの権利条約と子育て支援」

「子どもの政治参加」

「子どもの居場所」

「子どもの権利条約の20年」

 

   0905171b

私は、「子どもの権利条約の20年」に参加しました。

条文の中でも、検討・実践されていた条約と

そうでない条約に開きがあるのではないかと発言しました。

 

グループディスカッションの最後には、

各グループから他のグループへの報告。 

 それを担っていたのは、な、な、なんと~~!!

「居場所」に参加していた、江戸川の若者。

ティーンズマップづくりを高校生のときに手伝ってくれ、

松江の家にも来ていた若者で、

今は中3勉強会のボランティアとして活躍する彼女に

今日のセミナーをだめもとで誘ってみたら、

行くっていって、それだけでもビックリしたのに、

こういう場に参加するのが初めてだったし、

しかもグループディスカッションだったし(単に聞くだけじゃない)、 

 ほとんどが自分より年上だったし、

なのに

 

グループのまとめを担当して、立派に務めているっ!

 

 カンドーぉおおcrying

 

すごいな、すごいな。

自分の本当の力に気づいて発揮するとき、

人は本当に輝く。とてつもない行動につながる。

子どもの権利条約を体現しているように見えました。

 

|

« 【本日の日誌】ようやく発送 報告2種(2009年5月16日) | トップページ | 【更新記録】3月4月分 »