« 【本日の日誌】9/14シンポ 子どもへの虐待はなぜ起こる? | トップページ | 【子どもの権利条約】質問01 いつできたの? »

【10/7予定】通報制度について、もっと!、まなぼう

20111007opcrclogo_2

子どもの権利条約最新ニュース★
新設される『通報制度』について、法律の専門家からまなぼう!
日本で活かしていこう!

日時 2011年10月7日(金)18時半~21時
場所 タワーホール船堀407会議室(東京都江戸川区船堀4-1-1)
    http://www.towerhall.jp/
講師 鈴木麻子弁護士(武蔵小杉合同法律事務所、NPO法人ヒューマンライツ・ナウ)
参加費 一般 1,000円、会員 無料

20110810_3b_

20110810_2b_81015

20110828_seminar_for_children_senda

20110828_seminar_for_children_sen_2

上2枚:8月に江戸川子どもおんぶずが子ども・若者と実施した自主学習会(3日間)。
下2枚:8月28日とうほくセミナー(仙台)での講演(江戸川子どもおんぶず事務局青木)。

半年に渡る研究活動 + 3日間に渡る自主学習会 + とうほくセミナーでの講演、を経て、いよいよ、念願の「講師を招いた本格学習会」を開催することになりました。

講師は人権弁護士・鈴木麻子さん。

子どもの権利条約・子どもの権利について、自由権規約と女性差別撤廃条約に付帯する通報制度について、通報制度と弁護士の役割、通報制度批准までに私たちにできること、批准後にすすめていきたいこと、などなどをたっぷりお話いただく予定です。

なお、今回は通報制度に関する「基礎学習」ではなく、一歩進んだadvanced講座です。参加を希望される方で基礎情報がほしい方は、事前にご連絡ください。

 

子どもの権利条約最新ニュース★
新設される『通報制度』について、法律の専門家からまなぼう!
日本で活かしていこう!

日時 2011年10月7日(金)18時半~21時
場所 タワーホール船堀407会議室(東京都江戸川区船堀4-1-1)
    http://www.towerhall.jp/
講師 鈴木麻子弁護士(武蔵小杉合同法律事務所、NPO法人ヒューマンライツ・ナウ)
参加費 一般 1,000円、会員 無料

 

◆ 通 報 制 度 と は ◆
子どもの権利条約でみとめられる権利が、締約国内において侵害され、救済の措置をつくしてもなお、保障にいたらなかった際に、条約機関である子どもの権利委員会に救済を求めることのできる制度です。子どもの権利委員会で受理された通報は、締約国に是正と実行を、対話(Dialogue)において求めていきます。
通報制度は、単に権利救済の道筋をつくるだけでなく、国内における人権基盤を底上げするすばらしいメカニズムです。権利の主体としての子どもの存在を、法的にも強化していきます。
日本は現在、OECD加盟30か国中、通報制度を持たない唯一の国です。すでに発効している人権規約や女性差別撤廃条約も未批准です。

ご参考
国連子どもの権利委員会に通報(申立)できる制度を作ろう!キャンペーン
 http://crrevolution21.blogspot.com/
 ※江戸川子どもおんぶずは、上記キャンペーンのメンバーです。
国連子どもの権利委員会(OHCHRサイト・英語)
 http://www2.ohchr.org/english/bodies/crc/index.htm
8月に実施した通報制度≪予習会≫の告知情報と「通報制度」に関する基礎情報
 http://ekombuds.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/8101418crc-c96d.html 

  

Unsymbol

 

|

« 【本日の日誌】9/14シンポ 子どもへの虐待はなぜ起こる? | トップページ | 【子どもの権利条約】質問01 いつできたの? »