« 【子どもの権利条約】質問12 意見表明権の「意見」は英語で? | トップページ | 【子どもの権利条約】質問14 締約国審査とは? »

【子どもの権利条約】質問13 子どもにとってのディーセント

Gogocrc03_2

Q.13 「ディーセント・ワーク」(働きがいのある人間らしい仕事)という言葉が、1999年以降、ILOでアジェンダに使われています。さて、国連・子どもの権利条約でも「ディーセント」という言葉が使われています。何条で、どのように、使われているでしょうか?
Since 1999, ILO set the agenda with the word "Decent Work". In the Convention on the Rights of the Child, there is also the word 'Decent'. Which article and how does it describe?

A.13 第23条。障害児の権利を規定する第23条の第1項で、障害のある子どもが「enjoy a full and decent life」を享受すべきことを締約国に認めるよう記されています。障害のある子どもの「ディーセント」とは、「尊厳を確保し、自立を促進し及び社会への積極的な参加を容易にする条件の下で」実現されるものだとも規定されています。 leftrightArticle23 ; OHCHR  
There is a descripition that the states recognize that children with disabilities should "enjoy a full and decent life". The "decent" for children with disabilities should realize "in conditions which ensure dignity, promote self-reliance and facilitate the child's active participation in the community" . leftrightArticle23 ; OHCHR  

more info ... OHCHR website

|

« 【子どもの権利条約】質問12 意見表明権の「意見」は英語で? | トップページ | 【子どもの権利条約】質問14 締約国審査とは? »