« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

【子どもの権利条約】質問26 まもなく新設される選択議定書とは?

Gogocrc03_2

Q.26 まもなく国連・子どもの権利条約に新しい選択議定書が設置されます。現在、最終段階に入っており、近々実現されます。さて、それはどんな内容を規定するものでしょうか?
The brand new Optional Protocol to CRC is just entering a final stage of implementation. Soon to become a reality. What's it for?

A.26 子どもの権利侵害に関する「通報制度(個人申立て)」。

約2年に渡る国際的な審議を経て、最終案は、2011年6月17日に国連人権委員会(ジュネーブ)を通過し、現在開かれている第3委員会(NY)の会期期間中(あさって11月2日、第64議題)において、人権委員からの報告事項としてプレゼンされる予定です。 

Communications Procedure for children's rights violations (Individual Complaints).

After two years of discussions at the international level, the final draft of OP has been adopted by the UN Human Rights Council (HRC) in Geneva on 17 June. The resolution will finally be presented under the item 64 "Report of the Human Rights Council" of the Third Committee session, tabled by 2 November. 

more info ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問25 2番目に日本が批准した選択議定書は?

Gogocrc03_2

Q.25 国連・子どもの権利条約には現在、2つの選択議定書があります。2番目に日本が批准した選択議定書はなんに関するもの?採択されたのはいつ?締約国状況は?
Two of Optional Protocol to CRC exist now. What is the name of OP that Japan has ratified secondly? When was it adopted? Who ratified?

A.25 子どもの売買、子ども買春及び子どもポルノに関する子どもの権利に関する条約の選択議定書。
本選択議定書は、2000年5月25日、国連総会第54会期(A/RES/54/263)において採択(OPACと同時)。10か国の批准を経て、2002年1月18日に発効されました。
本日(2011年10月30日現在)の状況は、署名国119か国、批准150か国となっています。 leftright 選択議定書売買・買春・ポルノ ; ユニセフ

Optional Protocol to the Convention on the Rights of the Child on the sale of children, child prostitution and child pornography.
It was adopted by resolution A/RES/54/263 of 25 May 2000 at the 54 session of the General Assembly of the United Nations. After 10 instruments ratification, it entered into force on 18 January 2002.
Status as today (30 October 2011) is Signed by 119 / Ratified by 150. leftright OPsale ; OHCHR

※日本は、署名2002年5月10日、批准2005年1月24日。

20120925加筆  本日現在、署名国119か国、批准160か国

more info ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問24 最初に日本が批准した選択議定書は?

Gogocrc03_2

Q.24 国連では、子どもの権利条約に付帯する2つの選択議定書を発効しています。最初に日本が批准した選択議定書は、何に関する子どもの権利を規定したものでしょうか?採択されたのはいつ?締約国状況は?
UN General Assembly has adopted two Optional Protocol to the Convention on the Rights of the Child. What is the name of OP that Japan has ratified firstly? When was it adopted? Who ratified?

A.24 武力紛争における子どもの関与に関する子どもの権利に関する条約の選択議定書。
本選択議定書(OPAC)は、2000年5月25日、国連総会第54会期(A/RES/54/263)において採択されました。10か国の批准を経て、2002年2月12日に発効されました。
本日(2011年10月29日現在)の状況は、署名国129か国、批准143か国となっています。 leftright 選択議定書武力紛争 ; ユニセフ

Optional Protocol to the Convention on the Rights of the Child on the involvement of children in armed conflict.
OP on Children in Armed Conflict(OPAC) was adopted by resolution A/RES/54/263 of 25 May 2000 at the 54 session of the General Assembly of the United Nations. After 10 instruments ratification, it entered into force on 12 February 2002.
Status as today (29 October 2011) is Signed by 129 / Ratified by 143. leftright OPconflict ; OHCHR

※日本は、署名2002年5月10日、批准2004年8月2日。

more info ... OHCHR website

20111030修正  「最初にできた選択議定書」 → 「最初に日本が批准した選択議定書」。国連で採択されたのは同時で、発効についてはOPACのほうが約1ヶ月あとになります。

20120925加筆  本日現在、署名国129か国、批准149か国

|

【子どもの権利条約】質問23 年齢の下限は?

Gogocrc03_2

Q.23 国連・子どもの権利条約では「子ども」の定義を上限18歳未満としています。では下限は何歳でしょうか?
CRC defines a 'child' as a person upper limit of the age of 18. How about the lower limit?

A.23 実は、年齢の下限についての記載はありません。
※じっさいには、子どもが生まれた時点から適用されています。

The fact is CRC does not mention a lower limit.
*Actually, CRC apply to children after their birth.

more info ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問22 一般的意見、ひとつのボリューム

Gogocrc03_2

Q.22  2009年に発表された、国連・子どもの権利委員会による12番目の一般的意見(所見/見解)は、「第12条 意見表明権」に関するものですが、その文章は何ページに及ぶものだったでしょう? (英語正文のページ)
How many pages does the General Comment no.12 "The right of the child to be heard" (issued 2009) take? English official

A.22 たった2項の条文に、全31ページ!! ちなみに、第12条は、全部で205文字です。 leftright 一般的意見#12; 平野裕二訳
31 pages for just 2 paragraph!! For your info, Article 12 contains only 94 words.  leftright GC #12; OHCHR

※一般的意見(所見/見解)についての解説は ... Q.15に戻る  クリック
more detail about General Comments ... look back Q.15  Click

more info ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問21 子どもの差別に足された2つ

Gogocrc03_2

Q.21  第2条は差別の禁止ですが、第2条1項は、国際人権規約に定められている禁止事項と少しだけ違います。禁止事項が2つ、加わっています。それは「何」と「何」による差別の禁止でしょうか?
What are the 2 more tips added to the Convention on the Rights of the Child article 2 (Non-Discrimination) paragraph 1 from International Covenant on Human Rights?

A.21 種族的出身による差別の禁止、および、心身障害による差別の禁止。 leftright 第2条1項(日本語) ; 外務省

without discrimination of Ethnic origin and without discrimination of Disability. leftrightArticle2 para1 ; OHCHR

国際人権規約においては、「人種、皮膚の色、性、言語、宗教、政治的意見その他の意見、国民的若しくは社会的出身、財産、出生又は他の地位」によるいかなる差別の禁止がうたわれています。
これに対して、国連・子どもの権利条約第2条1項では、「種族」と「障害」が加わりました。子どもの差別の禁止において、特別な配慮が必要だということです。

※第2条2項については別の質疑で扱う予定です。

more info ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問20 選択議定書ってなに?

Gogocrc03_2

Q.20  「選択議定書」ってなに?
What is the Optional Protocol?

A.20 選択議定書とは、条約に付帯された多国間による合意文章で、締約国は批准または加入することができます。選択議定書は、条約本体からは独立して存在しており、批准に関する仕組みも別途必要になります。こうして条約を補完する役割を担っています。条約に関する特定の目的を推し進め、条約に規定された事項の履行を促していくものです。
An Optional Protocol to a treaty is multilateral agreement that States parties can ratify or accede to. OP has its own ratification mechanism independent of the treaty it complements, intended to further a specific purpose of the treaty or to assist in the implementation of its provisions.

※ちなみに、国連・子どもの権利条約未批准のアメリカは、子どもの権利条約に付帯する2つの選択議定書には批准しています(いずれも、2002年12月付け)。なお、ソマリアは、子どもの権利条約及び2つの選択議定書に未批准です。

more info ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問19 いまの委員長は誰?

Gogocrc03_2

Q.19  国連・子どもの権利委員会の現在の委員長は誰?
ヒント:李 亮喜(イ・ヤンヒ)さんではないです。
Who is the chair of The Committee on the Rights of the Child, now?
HINT: Not Ms.Yanghee Lee already.

A.19 Jean Zermatten(ジーン・ツェルマッテン)さん。男性。スイス出身。2005年2月より国連・子どもの権利委員。昨年12月の選挙で代表に選ばれ、李 亮喜前代表から受け継ぎました。2013年2月末までの任期です。
Mr.Jean Zermatten. From Switzerland. He is the member of the Committee on the Rights of the Child since Feb 2005. At last December, he was elected as a new Chair of the Committee, taking over from Ms.Yanghee Lee. Term expires is the end of Feb 2013.

more info about Mr.Jean Zermatten ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問18 どんな子どもが難民保護される?

Gogocrc03_2

Q.18  国連・子どもの権利条約第22条『難民の子どもの保護・援助』では、「難民と認められている児童」のほかに、どんな子どもに特別な保護とケアが措置されるべきとしているか?
The article 22 of CRC calls for special protection and care of  a child "who is considered a refugee " and who else?

A.18 難民の地位を求めている児童。 leftright第22条(日本語) ; UNICEF
A child who is seeking refugee status. leftrightArticle22 ; OHCHR

※申請中または申請の意思がある子どもを含みます。

more info ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問17 ずっと前には・・・

Gogocrc03_2

Q.17 国連・子どもの権利条約ができる前にも、なにか条約があった?
Is there any convention before adoption of the Convention on the Rights of the Child?

A.17 なし。
子どもの権利に関する最初の誓約としては、1924年に国際連盟によって制定された「子どもの権利宣言」があります。「ジュネーブ宣言」と言われています。
しかし「条約」と「宣言」は異なり、「条約」は一定の締約国が批准し、効力を持つようになると法的拘束力が生まれます。一方「宣言」は法的拘束力はなく、国際社会において批准されたことによる共通の教訓としての意味を持つに留まります。

NO.
The very first commitment to children's rights was the Declaration on the Rights of Child, known as the "Declaration of Geneva", which adopted by the League of Nations in 1924.
There is the difference between a convention and a declaration. A convention is a legally binding treaty, coming into force upon ratification by a certain number of States. A declaration is not legally binding but carries moral weight because it is adopted by the international community.  

more info ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問16 管轄はなに省?

Gogocrc03_2

Q.16 国連・子どもの権利条約/子どもの権利委員会における日本政府の窓口は、なに省?
Which ministry represent the government of Japan at UN Convention on the Rights of the Child and its Committee?

A.16 外務省の人権人道課。 leftright 外務省  
Ministry of Foreign Affairs of Japan, Human Rights and Humanitarian Affairs Division. leftright Mofa

※子どものことだからといって、文部科学省や厚生労働省ではありません。またほかの人権条約に関しても、同様にすべて、外務省が窓口になって、対応や交渉等を行います。ジュネーブには「在ジュネーブ国際機関日本政府代表部」もあります。 leftright ジュネーブ The Permanent Mission of Japan to the United Nations and Other International Organizations in Geneva leftright Geneva

more info ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問15 一般的意見って何?

Gogocrc03_2

Q.15 一般的意見(所見/見解)って何?目的は?
What are General Comments? What is the purpose of GC?

A.15 一般的意見とは、条約機関(委員会)から出される、条約に記された条文や条項に見られる人権とは何かを解説した、権威ある発行物です。一般的意見を発行する第1の目的は、人権条約の履行の推進と、締約国の報告義務を十分に果たせるよう支援することにあります。一般的意見は、これまで委員会に寄せられた各締約国からの報告書をモニタリングした結果に基づき、作成されていきます。
一般的意見は 国際法において、その開発と利用に、重要な貢献を果たします。条約が義務づける内容の分析や解釈を行うのに有用で、また特定の課題に対し、その遵守への助言を与えてくれます。さらに、締約国にたくさんの報告書に不備がないかを喚起させ、報告手続の改善を提案します。一般的意見は、同時に、他の国際機関が掲載されており、それらの機関との結びつきを強化します。

General Comments provide an authoritative interpretation of the rights contained in the articles and provisions of the Human Rights Conventions.  The main purpose of a GC is to promote implementation of the Human Rights Conventions and assist States parties in fulfilling their reporting obligations. They are based on the Committee’s experience in monitoring State party reports.
GC are valuable contributions to the development and application of international law. They are a useful analysis and explanation of treaty obligations and can provide guidance with respect to particular issues. They can also draw the attention of States parties to inadequacies brought out in a large number of reports and make suggestions on improving reporting procedures. GC can also reinforce links with other international instruments which are often referenced in the GC. 

more info ... NGO group for CRC website

|

【子どもの権利条約】質問14 締約国審査とは?

Gogocrc03_2

Q.14 国連・子どもの権利条約の締約国審査とは何ですか?どのような手順で行われますか?
What is the State party's reporting process? How does it work?

A.14 国連・子どもの権利委員会を含む、すべての人権条約機関(委員会)が行う基礎的な仕事が、該当条約の推進を実施しているかのモニターです。それは、条約の規定内容に沿って、締約国から提出されたレポートをレビュー(審査)することで行われます。
委員会は、下記の手順でモニターを進めます。

1 まず締約国が報告書を提出します。
2 人権条約機関(委員会)は締約国報告書を読み、論点と質問事項のリストを締約国に提示します。
※発信元が異なる機関からの情報を提出することができます。例)国連の他機関、国内人権機関およびNGO。
3 締約国は2に対する回答を出します。
4 委員会の会期において、人権条約機関(委員会)と締約国が建設的な対話の時間を持ちます。
※発信元が異なる機関からの情報を提出することができます。例)国連の他機関、国内人権機関およびNGO。
5 人権条約機関(委員会)は、勧告を含めた総括所見を出します。
6 勧告を是正するフォローアップを、締約国は行います。
※発信元が異なる機関からの情報を提出することができます。例)国連の他機関、国内人権機関およびNGO。

The primary mandate, common to all of the Committees, is to monitor implementation of the relevant treaty by reviewing the reports submitted periodically by States parties in accordance with the treaty provisions.
The Committee considers within the following process.

1 State party submits its initial report.
2 Treaty body presents State party with list of issues and questions based on concerns raised by the report.
* Opportunity for input other sources of information. For example, from UN system, NHRIs (National Human Rights Institutions) and NGOs.
3 State party may submit written replies to list of issues and questions.
4 Constructive dialogue between Committee and State party delegation during the session.
* Opportunity for input other sources of information. For example, from UN system, NHRIs (National Human Rights Institutions) and NGOs. 
5 Treaty body issues its concluding observations on the report, including recommendations.
6 Procedures to follow up on implementation of treaty body recommendations.
* Opportunity for input other sources of information. For example, from UN system, NHRIs (National Human Rights Institutionss) and NGOs. 

States_examined_sys_2

more info ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問13 子どもにとってのディーセント

Gogocrc03_2

Q.13 「ディーセント・ワーク」(働きがいのある人間らしい仕事)という言葉が、1999年以降、ILOでアジェンダに使われています。さて、国連・子どもの権利条約でも「ディーセント」という言葉が使われています。何条で、どのように、使われているでしょうか?
Since 1999, ILO set the agenda with the word "Decent Work". In the Convention on the Rights of the Child, there is also the word 'Decent'. Which article and how does it describe?

A.13 第23条。障害児の権利を規定する第23条の第1項で、障害のある子どもが「enjoy a full and decent life」を享受すべきことを締約国に認めるよう記されています。障害のある子どもの「ディーセント」とは、「尊厳を確保し、自立を促進し及び社会への積極的な参加を容易にする条件の下で」実現されるものだとも規定されています。 leftrightArticle23 ; OHCHR  
There is a descripition that the states recognize that children with disabilities should "enjoy a full and decent life". The "decent" for children with disabilities should realize "in conditions which ensure dignity, promote self-reliance and facilitate the child's active participation in the community" . leftrightArticle23 ; OHCHR  

more info ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問12 意見表明権の「意見」は英語で?

Gogocrc03_2

Q.12 国連・子どもの権利条約第12条は「意見表明権」を規定しています。では、12条の「意見」にあたる正文(英語)は、何という言葉でしょうか?
※ヒント;意見と訳すと本来の意味を限定します。
Article12 of the Convention on the Rights of the Child obligate to "Respect for the views of the child". How did the government of Japan transrate the word "view" into Japanese? What is the difference between offcial UN text (English) and transrated one?

A.12 「View」。これには「見通し」や「信じていること」といったことが含まれます。「意見」と訳すことで、「見解」「批評」といった意味が強く打ち出されていると思われます。
"IKEN". It means "opinion" or "comment", excludes "prospect" or "belief". 

more info ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問11 CRCの事務局支援

Gogocrc03_2

Q.11 国連・子どもの権利条約と子どもの権利委員会は、国連のどこの機関に事務局的支援を受けている?
From which body the Committee on the Rights of the Child receives secretariat support?

A.11 国際連合人権高等弁務官事務所(OHCHR)。1993年設立。国連憲章に基づく機関と、人権条約に基づく9機関(国連・子どもの権利条約を含む)が属しています。
From OHCHR (The Office of the United Nations High Commissioner for Human Rights), which was established 1993. Charter-based bodies and 9 of Treaty-based bodies, including the Committee on the Rights of the Child, are belong to the OHCHR. 

more info ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問10 中心になる原則は?

Gogocrc03_2

Q.10 国連・子どもの権利条約の中心になる原則はなに?
What is the fundamental principle of the Convention on the Rights of the Child?

A.10 最善の利益。  leftright第3条(日本語) ; 国際教育法研究会訳
Best Interest.  leftrightArticle3 ; OHCHR  

more info ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問09 子どもの権利委員会って

Gogocrc03_2

Q.09 子どもの権利委員会って何? 委員会の仕事内容は?
What is the Committee on the Rights of the Child? What does it do?

A.09 国連・子どもの権利条約第43条、第44条、第45条のもとに設置された委員会。独立した専門家による、子どもの権利条約および選択議定書を締約国が推進しているかどうかをモニタリングします。締約国審査や一般的意見(GC)の発行が主な仕事です。また、毎年、国連総会の第3委員会に報告書を提出しています。
The Committee on the Rights of the Child is provided in the articles 43, 44 and 45. It is the body of independent experts that monitors implementation of the CRC and Optional Protocols by its state parties. The committee examines regular reports from states,  publishes General Comments and submits a report to the Third Committee of the UN General Assembly once a year. 

more info ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問08 「子ども」とは?

Gogocrc03_2

Q.08 国連・子どもの権利条約で指す「子ども」とは?
How does the Convention on the Rights of the Child define a child?

A.08 18歳未満の世界中のすべての人を指します。ただし、適用される法律によりより早く成年に達したものを除きます。(第1条規定) leftright第1条(日本語) ; UNICEF
A child means every human being in anywhere below the age of eighteen years old. Unless under the law applicable to the child, majority is attained earlier. (Article 1) leftrightArticle1 ; OHCHR

※たとえば日本では女の子は16歳以上で結婚ができますが、この場合、「民法753条 婚姻による成年擬制」により、成年に達したものとみなされ、「子ども」ではなくなります。なお、一旦発生した成年擬制は婚姻の解消によって消滅しません。

more info ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問07 いちばん短いのは第何条?

Gogocrc03_2

Q.07 国連・子どもの権利条約の条文で、もっとも短い条文は第何条?
Which article is the SHORTEST in the Convention on the Rights of the Child?

A.07 第46条 署名。 leftright第46条(日本語) ; UNICEF
Article 46, Signature. leftrightArticle46 ; OHCHR

more info ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問06 いちばん長いのは第何条?

Gogocrc03_2

Q.06 国連・子どもの権利条約の条文で、もっとも長い条文は第何条?
Which article is the LONGEST in the Convention on the Rights of the Child?

A.06 第40条 少年司法の運用。 leftright第40条(日本語) ; UNICEF
Article 40, Administration of juvenile justice. leftrightArticle40 ; OHCHR

※子どもの権利条約に限らず、多くの場合、司法制度の記載は長文になっています。これは概して、人権侵害が起きかねないシーンだといえます。

more info ... OHCHR website

|

【10/12予定】ポスト311えどがわ

Post311edogawa_2

10月12日(水)は第6回19時~小松川市民ファームにて。毎月12日はポスト311を議論する日。今月も12日がやってきます。
今月は先月に続き、私たちの次の一歩について、考えたいと思います。

ポ ス ト 3 1 1 え ど が わ
毎月12日をポスト311の議論の日にしよう)

日時 第6回  10月12日(水)19時~21時半
   ※毎月12日に定期実施予定!(11日の次の日に新しく動き出そう)
場所 小松川市民ファーム
(東京都江戸川区東小松川3-35-13ニックハイム船堀204)
会議形式 フリーディスカッション+飲食自由

今回の主な予定

●「江戸川区に市民版*基本計画をつくろう!」第2回目

江戸川区の≪基本構想≫(2002年より20か年に渡る構想。『えどがわ新世紀デザイン ~共育 協働 安心への道』)に基づく≪前期・基本計画≫(2002年より10か年。基本構想を具体化するための計画)が、2012年3月末で終了します。現在、2012年4月開始の≪後期・基本計画≫の計画・策定が、江戸川区によって、すすめられています。

当然、市民の意見も活かされるんでしょうね!?ん??区が主導ですすめている??私たちの願いや不安の声は活かされない???前期10年の総括はどうなっている??

ポスト311でめざしたい新しい≪江戸川区≫像は、市民参加で行われる住民主体の街。これは私たちも関わるしかない!!

まずは≪基本計画≫とは何かを知ることから始めたいと思います。とくに防災面がどうなっているのか、現状の共有を図りたいと思います。

 ≫≫江戸川区『えどがわ新世紀デザイン』

その他、たがいに持ち寄った情報を共有しましょう。
飛び入り参加大歓迎です。
資料も食べ物も持ち込み自由。パワポ映写の準備あり。
(ビール200円ジュース100円、その他時価)。

初回の5月12日は、被災地情報や原発事故に関する情報の共有。
2回目の6月12日は、放射線測定の情報共有などを行いました。
3回目の7月12日は、田中優さんの映像を観たりしました。

4回目の8月12日は、江戸川区の対策の共有と今後の「ポスト311えどがわ」の検討を行いました。
5回目の9月12日は、被災地での「天然住宅」支援について、「江戸川区に市民版*基本計画をつくろう!」第1回、でした。

ゆるゆる~っとした集まりですので、ぜひ参加を!

合言葉は、
毎月12日を、ポスト311の議論の日にしよう!!

 

|

【子どもの権利条約】質問05 未批准国

Gogocrc03_2

Q.05 今日現在、国連・子どもの権利条約に批准していない国はどこ?
Which country that have not ratified the Convention on the Rights of the Child for today? 

A.05 ソマリア(2002年署名済み)とアメリカ(1995年署名済み)の2か国のみが未批准。
Only 2 countries, Somalia (signed 2002) and the United States (signed 1995), remain which have not ratified yet.

※南スーダン共和国は国連への国家登録を済ませたばかりですので、本条約への署名や批准の手続きはまだ行われていません。

more info ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問04 批准状況は?それって一番・・・

Gogocrc03_2

Q.04 国連・子どもの権利条約の現在の署名国数と批准国数は、それぞれ何か国か?
How many countries have ratified / signed the Convention on the Rights of the Child? 

A.04 署名 140か国、批准 193か国(2011年10月9日付け)。
国連・子どもの権利条約は、これまでに発効された人権条約のうち、もっとも多くの国に、もっとも短い時間で批准されました。
Signatories 140, Ratification 193.(status as at 09 Oct 2011)
CRC is the most widely and rapidly ratified human rights treaty in history.

more info ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問03 全部で何条?

Gogocrc03_2

Q.03 国連・子どもの権利条約は、全部で何条?
How many articles does the UN Convention on the Rights of the Child contain?

A.03 全54条。前文(第1条~第41条)+第1章権利規定+第2章実施措置(第42条~第45条)+第3章手続き(第46条~第54条)で構成されています。
54. Preamble +  PART I Rights (Article1-41) + PART II Committee (Art42-45) + PART III Procedures (Art46-54)

more info ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問02 何か国語?

Gogocrc03_2

Q.02 国連・子どもの権利条約は、何か国語で書かれている?(正文は何語?)
What are the official languages of  the UN Convention on the Rights of the Child?

A.02 アラビア語、中国語、英語、フランス語、ロシア語及びスペイン語(第54条規定)。
The original of the present Convention are written in Arabic, Chinese, English, French, Russian and Spanish. Those texts are equally authentic. (Article54)

more info ... OHCHR website

|

【子どもの権利条約】質問01 いつできたの?

Gogocrc03_2

Q.01 国連・子どもの権利条約ができたのは、いつ?
When was the UN Convention on the Rights of the Child adopted?

A.01 1989(平成元)年11月20日採択(第44回国連総会)。翌1990年9月2日発効。
Adopted on 20 Nov 1989 by 44th General Assembly, and entered into force on 2 September 1990.

more info ... OHCHR website

|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »