« 【子どもの権利条約】質問43 「障害児」ではなくて「障害のある子ども」 | トップページ | 【本日の日誌】子どもの権利条約「通報制度」の進捗整理 »

【子どもの権利条約】質問44 通報制度の受理要件は?

Gogocrc03_2

Q.44 国連・子どもの権利条約の新しい選択議定書として設置される「通報制度」の受理可能性の要件として求められているものは何?
What is the point of the admissibility requirements(rules) of a Communication Procedure under the CRC new Optional Protocol?

A.44 下記のとおり、8つの要件があります。

第7条 受理可能性
1.委員会は、次の場合には、通報を受理することができないとみなす。
(a) 通報が匿名であるとき。
(b) 通報が書面で提出されないとき。
(c) 通報が通報提出の権利の乱用であるとき。または条約及びその選択議定書の規定と両立しないとき。
(d) 同一の案件が、委員会によりすでに審査されたものであるか、または国際的な調査もしくは解決のための他の手続にもとづいて審査中である、もしくは審査されたものであるとき。
(e) 利用可能なすべての国内的救済措置が尽くされていないとき。ただし、該当救済措置の適用が不当に遅延している場合、または効果的救済をもたらす可能性に欠しい場合は、この限りでない。
(f) 通報が明らかに根拠を欠いており、または十分に立証されていないとき。
(g) 通報の対象である事実が、当該締約国についてこの議定書が効力を生ずる前に発生したものであるとき。ただし、当該事実がその後も継続している場合はこの限りではない。
(h) 通報が、国内的救済措置を尽くしたあと、一年以内に行われなかったとき。ただし、この期限内に通報を行うことが不可能であったことを申立人が立証できる場合は、この限りではない。
(平野裕二訳)

There're 8 requirements as follows.

Article 7 Admissibility
The Committee shall consider a communication inadmissible when:
(a) The communication is anonymous;
(b) The communication is not in writing;
(c) The communication constitutes an abuse of the right of submission of
such communications or is incompatible with the provisions of the Convention and/or the Optional Protocols thereto;
(d) The same matter has already been examined by the Committee or has been or is being examined under another procedure of international investigation or settlement;
(e) All available domestic remedies have not been exhausted. This shall not be the rule where the application of the remedies is unreasonably prolonged or unlikely to bring effective relief;
(f) The communication is manifestly ill founded or not sufficiently
substantiated;
(g) The facts that are the subject of the communication occurred prior to the entry into force of the present Protocol for the State party concerned, unless those facts continued after that date;
(h) The communication is not submitted within one year after the exhaustion of domestic remedies, except in cases where the author can demonstrate that it had not been possible to submit the communication within that time limit.

applereference
A/C.3/66/L.66, Agenda item 64 (PDF) here

more info ... OHCHR website

|

« 【子どもの権利条約】質問43 「障害児」ではなくて「障害のある子ども」 | トップページ | 【本日の日誌】子どもの権利条約「通報制度」の進捗整理 »