« 【子どもの権利条約】質問64 その他の例=社会的搾取 | トップページ | 【子どもの権利条約】質問66 優先するのは? »

【子どもの権利条約】質問65 日本によるCRC留保・解釈宣言

Gogocrc03_2

Q.65 国連・子どもの権利条約を批准する際、一部の条項を「留保」(第51条)または「解釈宣言」することができます。では、日本が「留保」または「解釈宣言」している条項はあるでしょうか?

Has Japan ratified CRC with any reservations or declarations? (based on the article 51)

A.65 ある。

留保=第37条c(自由を奪われた子どもの適正な取扱い)
解釈宣言=第9条1項(親からの分離禁止)および第10条1項(家族再会)
いずれも子どもの権利委員会から撤回を求められています。

詳細内容
留 保 : 日本国は、児童の権利に関する条約第37条(c)の適用に当たり、日本国においては,自由を奪われた者に関しては、国内法上原則として20歳未満の者と20歳以上の者とを分離することとされていることにかんがみ、この規定の第2文にいう「自由を奪われたすべての児童は、成人とは分離されないことがその最善の利益であると認められない限り成人とは分離される」に拘束されない権利を留保する。
解 釈 宣 言 : 1.日本国政府は、児童の権利に関する条約第9条1は、出入国管理法に基づく退去強制の結果として児童が父母から分離される場合に適用されるものではないと解釈するものであることを宣言する。
2.日本国政府は、更に、児童の権利に関する条約第10条1に規定される家族の再統合を目的とする締約国への入国又は締約国からの出国の申請を「積極的、人道的かつ迅速な方法」で取り扱うとの義務はそのような申請の結果に影響を与えるものではないと解釈するものであることを宣言する。
(日弁連訳)

 leftright Status of Japan (eng) ; UN Treaty Collection

Yes.

Japan entered 1 declaration which made to article 37-c (Detention and punishment), and 2 reservations which  made to article 9-1(Separation from parents) and 10-1(Family reunification).
Both are demanded a retraction by the Commmittee on the Rights of the Child.

details
Reservation:

In applying paragraph (c) of article 37 of the Convention on the Rights of the Child, Japan reserves the right not to be bound by the provision in its second sentence, that is, `every child deprived of liberty shall be separated from adults unless it is considered in the child's best interest not to do so', considering the fact that in Japan as regards persons deprived of liberty, those who are below twenty years of age are to be generally separated from those who are of twenty years of age and over under its national law.
Declarations:
1. The Government of Japan declares that paragraph 1 of article 9 of the Convention on the Rights of the Child be interpreted not to apply to a case where a child is separated from his or her parents as a result of deportation in accordance with its immigration law.
2. The Government of Japan declares further that the obligation to deal with applications to enter or leave a State Party for the purpose of family re-unification `in a positive, humane and expeditious manner' provided for in paragraph 1 of article 10 of the Convention on the Rights of the Child be interpreted not to affect the outcome of such applications.

 leftright Status of Japan (eng) ; UN Treaty Collection

more info ... OHCHR website

|

« 【子どもの権利条約】質問64 その他の例=社会的搾取 | トップページ | 【子どもの権利条約】質問66 優先するのは? »