« 【子どもの権利条約】質問62 NGOとの協力 | トップページ | 【子どもの権利条約】質問64 その他の例=社会的搾取 »

【子どもの権利条約】質問63 アイデンティティーは3つの側面から

Gogocrc03_2

Q.63 国連・子どもの権利条約第8条では、子どものアイデンティティーを3つの側面に分けて説明しています。それは何と何と何でしょうか?

Although article 8 describes three aspects of identity. What are those?

A.63 国籍、名前、家族関係。

なお、子どものアイデンティティーの阻害と関連付けられる条項として、第2条(差別の禁止)、第7条(名前・国籍を得る権利)、第16条(プライバシー・名誉の保護)、第30条(少数者・先住民の子どもの)が挙げられます。
ちなみに、第20条(代替的養護)では、家庭環境を奪われた子どもは、必要に応じて、民族的、文化的および言語的背景がとくに考慮されながら、養育が継続されることが明記されています。  leftright 第8条(日本語) ; 国際教育法研究会訳

Nationality, Name and Family relations.

Other articles, such as article 2 (non-discrimination) article 7 (right to a name and nationality and to know and be cared for by parents), article 16 (protection from arbitrary interference in privacy, family and home) and article 30 (right to enjoy culture, religion and language), should protect against other forms of interference in children’s identity.
Article 20 also provides that children deprived of their family environment should where possible have continuity of upbringing, particularly with regard to their ethnic, cultural and linguistic background.  leftright Article 8 (english) ; OHCHR

※子どもの権利条約で「identity」という言葉が登場するのは2条項。第8条と第29条(教育の目的)です。

more info ... OHCHR website

|

« 【子どもの権利条約】質問62 NGOとの協力 | トップページ | 【子どもの権利条約】質問64 その他の例=社会的搾取 »