« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

【要望書】松江一家心中事件について検証報告書に対して

201206222

 今年4月に発生した一家無理心中事件を受け、先週末6月22日(金)、江戸川区および江戸川区教育委員会の連名により、「松江一家心中事件について検証報告書」が出され、江戸川区および江戸川区教育委員としての検証結果と今後の取り組みの方向性が示されました。

  fullmoon 江戸川区ホームページ
   一家心中事件について検証報告をまとめました → 
コチラ
   検証報告(平成24年6月) PDF:267KB → コチラ 

 私たち江戸川子どもおんぶずは、江戸川区ならびに江戸川区教育委員会に対し、以下の三点に則り、あらためて検証・分析が執り行われることを求め、本日6月28日(木)、江戸川区ならびに江戸川区教育委員会に要望書を提出してきました。

一.厚生労働省発行の通知『地方公共団体における児童虐待による死亡事例等の検証について』に従い、外部の者で構成した検証委員によって検証・分析を行うこと。

一.2010年1月に江戸川区東松本地区で発生した児童虐待死亡事件を受け、江戸川区は同年4月に児童虐待SOSの体制と取り組みの強化を図ったが、これについての検証・分析を実施すること。

一.子どもを含んだ無理心中は深刻な児童虐待であるとの認識を十分に持って、検証・分析を行うこと。

 再発防止に向けた新たな取り組みの計画および実施がより効果的に進められるためには、以上の三点を満たすことが必要です。報告書にある「子どもを取り巻く大人が、子どもの命を守ること」は、子どもの最善の利益が最大限に考慮される地域の文化と制度が浸透することで実現します。

 江戸川区および江戸川区教育委員会が、何よりも子どもたちのために、さらに力を発揮し、抜本的な改革が果たされることを願います。

2012年6月28日 江戸川子どもおんぶず

参考:
厚生労働省 : 「地方公共団体における児童虐待による死亡事例等の検証について」(平成20年3月14日雇児総発第0314002号/改正:平成23年7月27日雇児総発0727第7号)PDF:267KB → 
コチラ
江戸川区 : 児童虐待SOSの体制と取り組みの強化 → コチラ

 

|

【男女共同参画週間】中央区でさをり織り

006

中央区立女性センター「ブーケ21」に声をかけていただき、 第11回ブーケ祭りに参加します!

2012年は、6月23日から29日までの1週間が「男女共同参画週間」とされています。これに合わせ、全国各地で男女共同参画を推進する取り組みが行われています。

中央区女性センター「ブーケ」では、この時期に1年に1度のお祭り「ブーケ祭り」を開催していますが、今年は、私たちのさをり織りワークショップに声をかけていただき、メインフロアで実施することになりました。

明日23日は、男女共同参画の願いを込めて、その思いをつなぎ、中央区の男女参画の推進に彩りを添えられるよう、たのしい時間を作りにいってきます!

第11回中央区ブーケ祭り
テーマ 『笑顔・つながり・仲間』
協力 江戸川子どもおんぶず さをり織りワークショップ

日時 6月23日(土)10時~16時
場所 中央区立女性センター「ブーケ21」(東京都中央区湊1-1-1)
  ※東京メトロ日比谷線またはJR京葉線出口 A2/B3 より徒歩3分

縦糸(子育て・防災・介護・・・)と横糸(男女共同参画)が織りなす人と人とのつながり。糸を選んで、自由に、好きに織ることで世界に一つしかない作品をみんなで作ります。

2012chirashiomote02

2012chirashiura02

※画像をクリックすると、PDFが表示されます。

中央区ブーケ祭りについて・・・ 中央区
中央区ブーケ祭りについて・・・ 第11回中央区ブーケ祭り
男女共同参画週間について・・・ 内閣府・男女共同参画週間

※どなたでもご参加いただけます。ぜひご参加ください!!

|

【GNRCタンザニア】大河内秀人が参加します

Gnrc

江戸川子どもおんぶず代表・大河内秀人(浄土宗/寿光院住職)が、タンザニアに向かいます。
中心都市ダルエスアラームで開催される、第4回「子どものための宗教者ネットワーク」世界大会2012タンザニアに招かれました。世界中の宗教者(宗教宗派を問わない)で、子どものための活動をしている方々が、300人以上、タンザニアの地に集まります。国連・子どもへの暴力防止に関する特別代表のマルタ・サントス・パイスさんも招聘されています。

今回のテーマは「子どもの貧困の撲滅」。
6月16日(土)~18日(月)の会期で開かれ、大河内は、2日目・6月17日(日)に登壇します。

The Global Network of Religions for Children (GNRC) Fourth Forum
Ending Poverty, Enriching Children
http://www.gnrc.net/en/

◆第3パネルディスカッション
club日時
6月17日(日)14:00 – 15:00
club場所
ハイアット・リージェンシー
clubセッションテーマ
Reflections from Different Religious Traditions on How Poverty Affects Children

fullmoonSESSION CHAIRS:
H.E. Rev. Mitsuo Miyake, Chief Senior Minister, Konko Church of Izuo
H.E. Rev. Dr. Samuel Kobia, Ecumenical Envoy to Sudan

fullmoonPanelists:
‐Prof. Dr. Anis Ahmad, Vice Chancellor of the Riphah International University, Pakistan
‐Sr. Janice McLaughlin, President of the Maryknoll Sisters of St. Dominic, USA
‐Dr. Mrs. Kala Acharya, Director, K. J. Somaiya Bharatiya Sanskriti Peetham, India
‐Rev. Hidehito Okochi, Chief Priest of Juko-in Temple, Japan

※GNRCの機関紙「Inspire」5月号(p.5)に大河内さんの写真が掲載されています。
http://www.gnrc.net/mm/file/Fourth_Forum_Newsletter_6.pdf

本日の夜のフライトでドバイに入り、トランジェットをして、ダルエスアラーム入りの予定です。

現地での様子は、twitter配信が行われる予定。
配信は「子どものための平和と環境アドボカシー」から行われる予定です。
https://twitter.com/peachcrc/

|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »