« 【男女共同参画週間】中央区でさをり織り | トップページ | 【7/4】子どものための地域連携を考える会・江戸川 »

【要望書】松江一家心中事件について検証報告書に対して

201206222

 今年4月に発生した一家無理心中事件を受け、先週末6月22日(金)、江戸川区および江戸川区教育委員会の連名により、「松江一家心中事件について検証報告書」が出され、江戸川区および江戸川区教育委員としての検証結果と今後の取り組みの方向性が示されました。

  fullmoon 江戸川区ホームページ
   一家心中事件について検証報告をまとめました → 
コチラ
   検証報告(平成24年6月) PDF:267KB → コチラ 

 私たち江戸川子どもおんぶずは、江戸川区ならびに江戸川区教育委員会に対し、以下の三点に則り、あらためて検証・分析が執り行われることを求め、本日6月28日(木)、江戸川区ならびに江戸川区教育委員会に要望書を提出してきました。

一.厚生労働省発行の通知『地方公共団体における児童虐待による死亡事例等の検証について』に従い、外部の者で構成した検証委員によって検証・分析を行うこと。

一.2010年1月に江戸川区東松本地区で発生した児童虐待死亡事件を受け、江戸川区は同年4月に児童虐待SOSの体制と取り組みの強化を図ったが、これについての検証・分析を実施すること。

一.子どもを含んだ無理心中は深刻な児童虐待であるとの認識を十分に持って、検証・分析を行うこと。

 再発防止に向けた新たな取り組みの計画および実施がより効果的に進められるためには、以上の三点を満たすことが必要です。報告書にある「子どもを取り巻く大人が、子どもの命を守ること」は、子どもの最善の利益が最大限に考慮される地域の文化と制度が浸透することで実現します。

 江戸川区および江戸川区教育委員会が、何よりも子どもたちのために、さらに力を発揮し、抜本的な改革が果たされることを願います。

2012年6月28日 江戸川子どもおんぶず

参考:
厚生労働省 : 「地方公共団体における児童虐待による死亡事例等の検証について」(平成20年3月14日雇児総発第0314002号/改正:平成23年7月27日雇児総発0727第7号)PDF:267KB → 
コチラ
江戸川区 : 児童虐待SOSの体制と取り組みの強化 → コチラ

 

|

« 【男女共同参画週間】中央区でさをり織り | トップページ | 【7/4】子どものための地域連携を考える会・江戸川 »