« 【通報制度発効カウントダウン】Q3 どんな通報でもOK? | トップページ | 【通報制度発効カウントダウン】Q5 並び替え→ほせいつどうう »

【通報制度発効カウントダウン】Q4 どんな通報でもOK?

Cd_07_2

カウントダウン YES / NO クイズ

Q4.国連・子どもの権利委員会は、助けを求める子どもと締約国の間に入って、「友好的解決」(friendly settlement)に向けて取り組む。 YES / NO ?

A4.答えは・・・ YES!

国連・子どもの権利委員会は、<通報制度に関する子どもの権利条約の選択議定書>第9条1項のとおり、友好的解決を目的として取り組みます。

第9条 友好的解決

1.委員会は、条約および(または)その選択議定書に掲げられた義務の尊重を基礎として案件の友好的解決を達成する目的で、関係当事者が委員会の斡旋を利用できるようにする。
2.委員会の斡旋により友好的解決についての合意が成立したときは、この議定書に基づく通報の検討は終了する。

なお、2項に「委員会の斡旋により」とありますが、手続き規則25において「当事者のいずれかから行われた要請により」と付け足されています。つまり、締約国の要求があった場合にのみ斡旋が図られるのではなく、当事者(子ども)からの要請に応じて動くと明記されました。

資料:

子どもの権利条約 新議定書 

森田明彦、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン [共著]
『子どもの権利条約 新議定書(個人通報制度)~子どもには世界に助けを求める権利がある!』

|

« 【通報制度発効カウントダウン】Q3 どんな通報でもOK? | トップページ | 【通報制度発効カウントダウン】Q5 並び替え→ほせいつどうう »